航路図

忽那諸島みかん舟航路

 瀬戸内海の中に「忽那七島」と呼ばれるところがある。「津和地島」「怒和島」「二神島」「睦月島」「野忽那島」「由利島」「中島」七つの島々からなる忽那七島のまわりは、東洋の地中海と言われるほど穏やかで住みやすい気候であるうえに、とても美しい景観につつまれたところであり、かつて平安の時代は海の交通の要所として、また忽那水軍の拠点として、海の男たちが集い賑わった島々であもる。
 今では世界一おいしいみかんの産地として、心優しい農家のかたがたが人口の大半を占め、みかんづくりで生計を立てて暮らしている。
 そのような素敵で歴史深い島々のみかんを、みかん舟で「中島」に集める航路がいつの時代から存在している。「忽那諸島みかん舟航路」。その航路を引き継ぎ、未来へとつなぐのがあいらいんの主な航路である。

あいらいん株式会社 ~夢と希望と幸せをつなぐ航路~